TOP > スタッフブログ > リビング > カラーリングで変わるインテリア

カラーリングで変わるインテリア

インテリアを考える上でのポイントの一つに『カラー』があります。インテリアに取り入れたいなぁと思う好きなカラーは思い浮かびますでしょうか?今回はダイニングチェアを例に挙げてみてみたいと思います。同じデザインの椅子でカラーだけが違うもの、それだけでもこんなにもイメージが変わることを感じて頂きたいなと思います。今回使用した椅子は当店で一番人気の名作セブンチェア

明るい木目が特徴のオークの家具にホワイトをあわせると、とっても爽やかで優しい空間に。照明が一層柔らかな印象を増しています。ナチュラルな空間を目指す方にはオススメのカラーです。
次にセブンチェアのカラーをブラックに変えると・・・

空間が引き締まり少し大人っぽい印象のインテリアができます。オークの家具にすると空間が自分のしたいイメージよりも優しくなりすぎてしまうという方にはブラックがおすすめです。
その時に小物でもブラックをとり入れることで空間全体の調和が生まれ、より美しく心地の良い空間づくりができます。今回でいえばアートフレームやイームズハウスバードのブラックが調和をうむポイントになっています。
では続いては好きなカラーを採り入れたいという方に・・・

明るいカラーが入るとまた印象がガラッと変わるのを感じて頂けますでしょうか?セブンチェアのカラーが変わっただけで空間の印象がこれだけ変わるのです。カラーの力ってすごいですね。
他にも、家族一人ひとりちがうカラーしたい場合。色には相性がありますので、組み合わせを意識してカラーを選んで下さい。今回の上記の空間にセブンチェアをもう2脚加えるとしたら、イエローやライトグレーが相性がよくオススメです。

こんな風にインテリアを考えていったらとっても楽しいですよね。ぜひお部屋づくりのテーマに沿ったカラーを見つけて下さい。

*展示内容は時期・店舗によって異なります。事前にご確認ください

RECOMMENDおすすめの記事