TOP > スタッフブログ > カーテン・カーペット > 「極上のオーダーカーテン」縫製のこだわり

「極上のオーダーカーテン」縫製のこだわり

「 一 針 入 魂 」

全国トップレベルの縫製所による”極上のオーダーカーテン”

hosei_01.jpg

ワイズカーサ・コルティーナ自慢のオーダーカーテン縫製。
その流れやこだわりをご紹介します。

①生地取り・柄出し そして「こだわりの裁断」

hosei_02.jpg

生地を大きく広げ、柄のゆがみや色のばらつき、織り傷などがないか、ひとつひとつ確認。
次に地の目裁断。生地が織られた方向に合わせて糸を一本単位で!はさみで丁寧に裁断します。
柄がきちんと通った美しい仕上がりのため、この手間のかかる裁断は欠かせません。

②縫製前のアイロン

hosei_03.jpg

仕上げのアイロンがけとは別に、縫製前にもアイロンを当てます。
素材に合わせて温度や圧力を調整、生地のシワを伸ばすことでサイズを安定させるためです。
この縫製前のひと手間が職人たちのこだわり!

③熟練職人によるミシン掛け

hosei_04.jpg

職人の手作業で1枚の布はカーテンへと変貌を遂げます。機械ではできない正確さ、美しさで、スピーディーかつ丁寧に仕上げていきます。
ヒダの取り方ひとつ、縫製ひとつがカーテンの「要」。カーテンの美しさ、クオリティの高さはこの工程で決まると言っても過言ではありません。

④厳しい目による徹底検品

hosei_05.jpg

仕上がったカーテンは、実際にカーテンレールに吊って、幅と丈の寸法をミリ単位でチェック!
傷、ほつれ、柄合わせの不備がないか・・・カーテンを広げて端から端まで確認します。これが出荷前の最終確認。細部にまで職人の目が光ります。

⑤堅実な梱包

hosei_06.jpg

美しく仕上がった自慢のカーテンを、美しいままお届けするために。
糸くずなどを丁寧に取り除き、美しいヒダを保ちつつまっすぐ丁寧に折り畳みます。輸送中の汚れや型崩れ、シワなどを極力少なくする梱包にこだわり、お客様のもとへより美しい状態でお届けします。

常に進化し続ける縫製所

最新の加工機械と職人技の融合

hosei_07.jpg

日本で有数の最新機械を導入しているこの縫製所では、レーザーカット、超音波カット、デジタルプリンター、形状安定などの特殊加工も可能です。
常に縫製にまつわる最先端の技術を取り入れて研究し、職人の持つ熟練の技と合わせることで、新しいカーテンスタイルの可能性がさらに広がります。

 


 

そんな極上カーテンの納入事例はコチラ → click
カーテン・カーペット【ワイズカーサ・コルティーナ】TOPページ → click

RECOMMENDおすすめの記事