TOP > プランニング > ダイニング > ミッドセンチュリーモダン

毎日が楽しくなる、元気になる。そんなリビングを実現する
ミッドセンチュリーの愛すべき家具たち

デザインやインテリアの世界では、20世紀中ごろ、おもに1940年~1960年前後の時代のことをミッドセンチュリーと呼びます。
特別な呼び方でくくられるのは、その時代、主にアメリカで生まれた家具には名作が多く、いまでも皆が憧れてやまないデザインアイコンがたくさんあるからです。

優れたデザインには、人を元気にする力があります。
見ているだけで心がウキウキしたり、うっとりしたり、思わず微笑んでしまったりします。
家具の場合、毎日使う日用道具ですから、見た目が良いだけではいけません。
使い心地や耐久性も優れているミッドセンチュリーの家具たちは、さらに私たちの暮らしを快適にしてくれます。

ポップなカラーやインパクトあるシルエットは自宅に取り入れるのが難しい?いえいえ。時代を選ばない完成されたデザインは、ほかの国や時代の家具とも相性抜群。
何より毎日を楽しく過ごす必需品です。まずは小物やファブリックなど、気軽にトライしてみましょう。

嬉しいことがあったら1つ。
悲しいことがあっても1つ。
ミッドセンチュリーの家具を味方につければ、人生を人一倍楽しく過ごしていけること間違いナシですよ。

151209_plan03_3

デザインやインテリアの世界では、20世紀中ごろ、おもに1940年~1960年前後の時代のことをミッドセンチュリーと呼びます。
特別な呼び方でくくられるのは、その時代、主にアメリカで生まれた家具には名作が多く、いまでも皆が憧れてやまないデザインアイコンがたくさんあるからです。

優れたデザインには、人を元気にする力があります。
見ているだけで心がウキウキしたり、うっとりしたり、思わず微笑んでしまったりします。
家具の場合、毎日使う日用道具ですから、見た目が良いだけではいけません。
使い心地や耐久性も優れているミッドセンチュリーの家具たちは、さらに私たちの暮らしを快適にしてくれます。

ポップなカラーやインパクトあるシルエットは自宅に取り入れるのが難しい?いえいえ。時代を選ばない完成されたデザインは、ほかの国や時代の家具とも相性抜群。
何より毎日を楽しく過ごす必需品です。まずは小物やファブリックなど、気軽にトライしてみましょう。

嬉しいことがあったら1つ。
悲しいことがあっても1つ。
ミッドセンチュリーの家具を味方につければ、人生を人一倍楽しく過ごしていけること間違いナシですよ。

ITEMSコーディネート使用アイテム