TOP > スタッフブログ > 大和屋生活道具 > “純国産” 冬の線香花火

“純国産” 冬の線香花火

みなさま、こんにちは!

大和屋生活道具の山本です。

 

今日は、「筒井時正玩具花火製作所」さんの線香花火をご紹介いたします♪

『冬に線香花火!?』

…と思われるかもしれませんが、実は冬にしか作れない花火があるんです!

東西の花火.jpg

みなさん、関東と関西で線香花火の形が違う事をご存知でしたでしょうか?!

東の線香花火は 「長手牡丹」

七色の鮮やかな和紙に包まれている、このあたりでも目にするタイプですね。

東の花火2.jpg

一方、西の線香花火は 「スボ手牡丹」

線香花火の原型とも言われる、ワラに火薬をつけたものが使われるんだそう!

その昔、香炉に差して楽しんでいたのが由来なんだそうです。

西の花火2.jpg

日本で 3社 しかない、貴重な国産の線香花火を製造している中でも、

この西の線香花火を製造しているのは、筒井時正玩具花火製作所さん だけなんですよ。

 

そして、この「スボ手牡丹」こそ、冬にしか作れない花火なんです!!

気温・湿度が低いことが条件ですが、作業場内では電機が使えないため、

冬の寒い天候を利用して製造しています。

芯がワラスボでしっかりしているので、冬の風の中でも楽しめるのも魅力ですね。

 

また国産の花火はあと2つ、楽しめることがあります♪

まずひとつは、火花が4段階で変化をする ことです!

それぞれの場面で名前も付いてるんですよ。

火花の4変化.jpg

点火と共に、ジリジリ大きくなっていく 『蕾』

やがてパチッ、パチッと力強い火花の 『牡丹』

次第に間隔が短くなり、勢いよく火花が散る 『松葉』

火花が一本、また一本と落ちていく 『散り菊』

…次々と火花を変える姿は、まるで線香花火の一生を見るようですよね。

 

もうひとつ、国産花火の楽しみは、花火が熟成する ことです!

花火が熟成!?と思われるかもしれませんが、時が経つにつれて

どこかやさしく、まろやかな火花になっていくのだそうです。

半分冬に楽しんで、半分夏までとっておいて熟成させる、なんてのもいいですね。

 

 

先日、わたしたちスタッフも、実際この線香花火を楽しみました♪

image.jpg

寒空の下、繊細な火花とじっとみつめると、どこか懐かしい火薬の香りとあいまって

なんともノスタルジックな気持ちになりました♪

寒い中、みんなで体を寄せ合ってする線香花火もいいものですね。

 

みなさんも、大切な人といかがでしょうか?

 

みなさまのご来店、お待ちしております!

RECOMMENDおすすめの記事

来店予約フォーム