TOP > スタッフブログ > 家具・インテリアプラン > ベッドルーム > 【ベッド選びの基本ルール①】サイズ選び、正しくできていますか!?

【ベッド選びの基本ルール①】サイズ選び、正しくできていますか!?

PK22越しに見るウォールナット無垢フレームのベッド

ベッドをお探しの方に最初お話しするのは“ベッドのサイズ”について。どの大きさがいいのか迷われていたり、実際は狭いサイズなのに十分広いと思い違いをされている方が多いからです。

特にお布団からベッドにされる方、ご結婚などでお二人で使うベッドをご検討されてい方など、新しくベッドをお使いになる場合は注意が必要です。ぜひベッドを選ぶ際の参考になさってください。

ベッドのサイズ選びのポイント

以下が快適に朝まで眠ることができるベッドサイズの具体的な考え方です。
○1人で使用 → S(シングル)サイズよりSD(セミダブル)サイズを選ぶ 。
○2人で使用 → おすすめはSD(セミダブル)サイズのツイン。D(ダブル)サイズは2人では狭い。

ベッドサイズの選び方

私たちは一晩の間、無意識のうちに平均20~30回の寝返りをしている、といわれています。
図をご覧いただくと、シングルサイズ(図・上から2段目)は寝返りの際、少し腕や脚がベッドからはみだしてしまいます。シングルツイン(シングルサイズ×2台)を横並びに配置した場合、手が顔にあたったり、脚が下敷きになってしまうことも。
ダブルサイズ(図・一番下)お二人使うの場合はスムーズな寝返りは難しく、その場で体をローリングさせるしかありません。
どちらの場合も眠りが浅くなるので、睡眠の質が低下してしまいます。

できる限り大きなサイズを選ぶ

セミダブルサイズのベッド2台とエッグチェアのある寝室

上記のことから、快眠のためにはできるだけ大きいサイズをお選びいただくことが大切なポイントになります。
お一人使いはもちろんお二人の場合でもおすすめなのが、セミダブル。写真のように、サイドテーブルを置いてベッドを離して配置しても広々とお使いいただけます。現在お布団をお使いの場合、ベッドも今と同じシングルサイズで十分と思われるかもしれませんが、お布団とは違い高さがあるベッドでは、端に余裕があるセミダブルの方が安心して眠ることができます。

店頭で実際に体感していただく際、マットレスの寝心地は迷われる方もいらっしゃいますが、 「やっぱり大きいほうが快適ですね」とすぐにご納得いただけるのがサイズ感です。

お部屋の広さや建具の位置などで置けるサイズにも上限がありますが、配置を工夫すれば大きいサイズのベッドが配置できる場合もございます。

ぜひ図面などお部屋の間取りが分かるものをお持ちいただき、ベッドルームについてご相談ください!
ご来店をお待ちしております。

▼専門スタッフが、ベッドや寝具の選び方から寝室空間全体のアドバイスまで、快眠をトータルプロデュース致します
ワイズカーサのプロスタッフによる無料インテリア相談会のご予約

RECOMMENDおすすめの記事

来店予約フォーム