TOP > スタッフブログ > 家具・インテリアプラン > リビング > 新しいコミュニケーションの形を提案します

新しいコミュニケーションの形を提案します

いつの間にか長居してしまう場所・・・
いつの間にか人が集まっている場所・・・
それが良いリビングの条件だと考えます。
そんなリビングに新しい「ソファのかたち」をご提案します。
カラメッラWN上.jpg

国産の美しい木工家具を提案するHIRASHIMAの「CARAMELLA(カラメッラ)」ソファ。
ソファとカウンターをひとつにすると、こんなかたちになりました。

カラメッラ横.jpg

カラメッラWN正面.jpg

カラメッラWN後ろ.jpg

CARAMELLAシリーズは空間の美はもちろん、その空間で過ごすコミュニケーションの形にまでこだわりゆとりある大人の時間を演出します。

新しいコミュニケーションのかたち

カウンターで朝食をとったり、ソファで並んで映画をみたり、あるいはひとりはソファでひとりはカウンターでそれぞれが別のことしながらも、ひとつの空間で交差する会話を楽しんだり・・・

固定概念にとらわれないちょっとした「大人の余裕」がそこにはあり、ほどよい距離があるからこそ生まれる会話があるのです。

カラメッラ斜め.jpg

コンセプト

日常には、自分をワンランク上の大人へと導いてくれる「心地よい緊張感」がある。
安らぎの空間にもたらされる心地よい緊張感は暮らしに上質なリズムを生み出す。緩急のバランスが絶妙に保たれた空間には大人の佇まいが感じられる。これこそHIRASHIMAが描く理想の空間。

こだわり

従来欠点とされていた「節」のある木材をあえて使用しています。
それは「節」にこそ「生命の美しさ」が宿っていると感じるから。「節」が見事に配置された家具が放つ存在感や美しさを尊重したい。世界に一つとして同じものがない「節」のある家具を長い月日とともに愛着を持って使っていただきたい。そんな思いが詰まっています。

からっめらフレーム.jpg

仕様

ふんわりと包まれる感覚を意識してデザインされたこのソファは、クッションに羽毛を贅沢に使い座り心地を追求しています。座クッションには高い硬度が特徴のウレタンフォームと弾力が持続するコイルスプリングを採用しています。カバーリングタイプの張り地は、すべてイタリア製の布地を使用しています。
みえない所にこそこだわって作られているHIRASHIMAの家具は、どれもそのコンセプト通り大人の「心地よい緊張感」を感じます。

とくにこのソファは特別。ほどよい距離が「大人の時間の過ごし方」を可能にします。

からめっら正面ふたり.jpg

からっめらふたりパソコン.jpg

ヤマトヤ・ワイズカーサ1Fにて展示中です。
店内に数あるソファの中でも「かっこいい!」と足を止められるお客様が多いソファでもあるんですよ♪
あなただったら、このソファで誰と何をして過ごしますか・・・?
ご家族と、恋人と、お友達と・・・ゆっくりと流れるあたたかい時間をお楽しみください。

*展示内容は時期・店舗によって異なります。事前にご確認ください

RECOMMENDおすすめの記事

来店予約フォーム