TOP > スタッフブログ > スタッフレポート > 2014ミラノサローネ レポート vol.2

2014ミラノサローネ レポート vol.2

2014salone_34.jpg
お待たせしました。ミラノサローネ レポート vol.2です。
vol.2では、メイン会場を飛び出してミラノの街のあちこちで行われている、ブランドやデザイナーの展示会の様子をお伝えします。
新作の発表から独特な世界観をアーティスティックに表現したスペースまで、個性豊かでとても見応えがあります。
さっそく、活気にあふれたミラノのインテリア祭をご紹介していきます。

2014 フォーリ・サローネ(Fuori Salone)

2014salone_35.jpg
メイン会場「ローフィエラ ミラノ」からは場を移し、ミラノの街の様々なエリアで自主的に行われている各ブランドやデザイナーの展示会「フォーリ・サローネ」。
この期間は、数百カ所で様々なイベントが開催されるため、最近では「MilanoDesign Week(ミラノデザインウィーク)」とも呼ばれるようになっています。
ミラノの街にはいたるところにオープンカフェがあり、春の陽気を楽しむ人々で賑わっていました。

 

2014salone_15.jpg

2014salone_16.jpg
世界屈指のキッチンメーカーBoffi(ボッフィ)(写真上)と、著名デザイナーによる独創的な製品が特長のMAGIS(マジス)(写真下)。

 

2014salone_17.jpg

2014salone_18.jpg
Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン)のショールームでは2014年の新作発表パーティーが催されていました。世界各国の人々で大賑わい!注目の高さがうかがえます。

 

2014salone_19.jpg

2014salone_20.jpg
オランダの奇才デザイナー、マルセル・ワンダースの展示会場(写真上)。アーティスティックで独特な世界観を堪能。写真下はCARL HANSEN & SON(カールハンセン&サン)のショールーム。ウェグナーの生誕100年記念のパーティーが。CH24(通称Yチェア)のペーパーコード座面を職人さんが張る実演もしていました。

 

2014salone_21.jpg

2014salone_22.jpg
オランダのブランドmoooi(モーイ)は広い会場をアート性の高い背景画パネルで仕切り、多くの空間を展開していました(写真上)。オリジナル開発の高品質な素材で、美しい屋内外の家具を提供するイタリアのブランドPAOLA LENTI(パオラ レンティ)。開放的で最高の心地良さを体感できる展示会場でした(写真下)。

 

2014salone_23.jpg

2014salone_24.jpg
写真上、poltrona frau(ポルトローナ フラウ)のショールームは気品のある色使い。B&B(ビーアンドビー)は日本でも高級家具ブランドとして有名です。一人掛けの新作を何点か発表していました(写真下)。

 

2014salone_25.jpg

2014salone_26.jpg
Cassina(カッシーナ)では高級感あふれるリビングやベッドルームの展示のほか、日本でも有名なソファ「マラルンガ」の発売40周年記念の特別展示が(写真上)。1901年創業のドイツの老舗水栓金具メーカ、ハンスグローエ社のAXOR(アクサー)ブランド。フィリップ・スタルク、アントニオ・チッテリオら著名なデザイナーを起用しています(写真下)。

 

2014salone_27.jpg

2014salone_28.jpg

2014salone_29.jpg
ARMANI CASA(アルマーニ カーサ)はさすがアパレルらしいアプローチでした(写真上)。ドイツの照明デザイナーINGO MAURERの展示会場(写真中)。薄すぎて美しすぎるLEDにびっくり!写真下はKartell(カルテル)のショールーム。色別に様々なアイテムを展示する魅せ方が印象的でした。

 

2014salone_31.jpg

2014salone_32.jpg

2014salone_33.jpg
こんな風に、ミラノのあちこちに展示会場があり、思い思いの方法でインテリアデザインの表現をしています。
メイン会場に比べると自由で縛りがなく、よりデザイナーやブランドの個性が強調された展示となっていました。
でも、何よりも驚いたことは、私たちのようなインテリアの仕事をしている人はもちろん、そうでない人もこの祭典を楽しんでいるというところです。まるで散歩でもするかのように犬を連れて歩いている人や、子供連れの人など、実にさまざまな人が会場を訪れていました。
インテリアがミラノの人々にとってとても身近なもので、感心が高いものなのだなぁと改めて実感。

私たちも、インテリアのすばらしさを伝えるためにがんばらねば!!と感じた瞬間でもありました。


2014ミラノサローネの情報を2回に渡ってお伝えしましたが、みなさんいかがでしたか?
おうちで過ごす時間を最高に楽しくする為の家具。
気に入って長く使えるものを選びたいですよね。

ご新築の方、ご新婚の方。
家具を愛するヤマトヤ・ワイズカーサへ是非お越しください。
最新のトレンドと共に、快適で素敵なお部屋のお手伝いをさせて頂きます!

 

番外編!Dr.Vranjes(ドットール・ヴラニエス)

2014salone_30.jpg
ミラノの街で「Dr.Vranjes(ドットール・ヴラニエス)」のお店を発見!!
実は、ヤマトヤ・ワイズカーサで最近扱い始めた製品で、お店をみつけた瞬間興奮してしまいました。

イタリア、フィレンツェ生まれの薬剤師ヴラニエスが調合する上品なフレグランス。最高のエッセンシャルオイルと天然の材料を惜しみなく使い、フィレンツェのラボで一本ずつ手作業で作られています。
時間が遅く閉店していたのが残念でした・・。
ガラス越しにみんなでのぞいてしまいました。

次回は、ミラノで開催された、フリッツハンセンの新作発表会をご紹介します。

RECOMMENDおすすめの記事

来店予約フォーム