TOP > スタッフブログ > 大和屋生活道具 > 料理の基本「包丁とまな板」を見直しませんか?

料理の基本「包丁とまな板」を見直しませんか?

まだまだ寒さ厳しいですが、暦の上では「春」ですね。
新しいことを始める人も多い春、お料理の基本道具である“包丁とまな板”を一新しませんか?今日は大和屋生活道具でも大人気の商品をご紹介します!

世界に誇る日本の技術「関の和包丁
imgrc0064227207
鎌倉時代より、刃物のまちとして知られる岐阜県関市。
約780年前、関は刀の材料である鉄・炉に使う炭・熱した鉄を冷やす水など、理想的な刀づくりの条件が揃い、多くの刀匠が切磋琢磨する刀の名産地となりました。そんな匠の技術が受け継がれた包丁は、日本だけでなく世界中のプロからも愛されています。
大和屋生活道具でも、そんな関の包丁を用途に合わせてサイズや種類などお選びいただけます!「やっぱり切れ味が違うね」とお声をいただくことも多いんですよ!また“道を切り開く”という意味合いから、御結婚やご新築などのお祝いとして贈られることも多いんです。大切な方への贈り物にもぜひどうぞ◎

良い包丁には良いまな板を!「いちょうのまな板」
img_top_cat_manaita
包丁と対をなすのが「まな板」
良い包丁を使っても、まな板が悪ければせっかくの刃を傷めてしまいます。大和屋生活道具がおすすめするのは、昨日のNHK“美の壺”でも紹介されていた
woodpeckerのまな板!木質が柔らかく包丁の刃を傷めない「いちょう」の木でできています。なめらかなラインに、すべすべな木肌、木のまな板は乾燥が大切なので引っかけておける取っ手がついているのもうれしいですよね。削り直しをしながら長く愛用できるアイテムです!おすすめしたい理由は他にも…
・柔らかさ
 …やさしい刃当たりで、包丁が長持ち。
・弾力性
 …包丁の切り跡が自然に復元されます。
・疲れにくい
 …包丁をしっかりと受け止めます。
・手ざわり抜群
 …キメ細かく、すべすべした手ざわり。
・水はけが良い
 …油分を適度に含んでいるため、乾きやすい。
・軽い
 …比較的軽いので、扱いが楽です。
・国産の一枚板
 …塗料、防腐剤フリーで安心。

料理の基本である道具が良いと、お料理もぐんと楽しくなりますね!ご自分用に、贈り物用に、春は新しい包丁とまな板をぜひどうぞ◎
スタッフ一同お待ちしております。

RECOMMENDおすすめの記事

来店予約フォーム