TOP > スタッフブログ > 家具・インテリアプラン > ダイニング > キッチン横並びダイニングレイアウトの話

キッチン横並びダイニングレイアウトの話

最近お客様から、こんなお悩みのご相談を受けました。
『キッチンと横並びにダイニングテーブルを配置したのですが、合う椅子が見つからなくって・・・』

最近よく見かけますよね、キッチンとダイニングを並べてレイアウトするパターン↓

ダイニングの高さに注意

料理担当の主婦&主夫さんにとっては、配膳や御片付けが楽!というメリットもあり、間取りによっては空間を有効に使える場合も。
それにしても合う椅子がない、とは???詳しく伺ったところ・・・

高いダイニングは合わせる椅子がない

そう、キッチンのカウンターと高さを合わせて、ダイニングテーブルの高さも85cmで造作してしまったのです!
これ、家具のプロスタッフとしてはあまりオススメしません。天板が一続きの方がキレイに見えるから、なんて安易なイメージでダイニングテーブルの高さを変えてはいけません。

なぜって。そう、椅子がないから。

圧倒的に、選択肢がないから。

座り心地とか、デザインとか、予算とか、考えて選べるはずもなく、「昇降式のカウンターチェア」もしくは「カウンターチェアやバースツールの脚カット」という二択となります。

ついでにもう一つオススメしない理由は、食事中にキッチンの流しや作業スペースのごちゃごちゃが丸見えになってしまうので、どうにも落ち着いて食事できません。
お友達やお客様とダイニングでお話するときにも、キッチンを常に美しく保つべく、日々たゆまぬ努力が必要になります。

それでも!どうしても!ちゃんとキレイに保つから!キッチンカウンターとダイニングテーブルの天板高さを合わせたい!!
そんな場合には、この際、床で調整しましょう。

スキップフロアで解決

そう、キッチン側の床を15cmほど下げてスキップフロアにするんです!これで解決。
もちろん、家を建てる前に、ちゃんと計画してくださいね。


このように、家を建てるときには家具のことやレイアウトも同時に考えた方が、実際に暮らしたときに失敗が少ないものです。
いえ、実はそれ以前に、家具から始める家づくりをした方が、もっと快適でもっと効率の良い生活を実現できます。

どんな家に住みたいか=どんな暮らしがしたいのか、ではないでしょうか?
家を考え始めたら、早めにスタッフにご相談頂き、下見と検討をスタートしてくださいね。

追伸:早めに決めるととってもお得な早割もぜひご活用ください

RECOMMENDおすすめの記事

来店予約フォーム