TOP > スタッフブログ > キッズルーム・勉強机 > 【すごもりSTUDY】休校を乗り切るためには!?

【すごもりSTUDY】休校を乗り切るためには!?

外出自粛要請で家庭内で過ごす時間が増える中、家庭でイライラする事が多くなってませんか?
伝染病の不安、自宅待機でイベント無し、習い事無し、人と会えないなど、夏休みとは全く違うストレスを親も子供も感じます。
この休校を家族で乗り切るために、家での過ごし方、過ごす場所を見直してみましょう。

イライラする原因は複合的にあるかと思いますが、「1日中、家で一緒に過ごす事」が大きな負担となっていると感じます。通常では、幸せなことだったのに・・・
「家庭以外で活動する場所がある」という事が、負担を軽減していたのですね。

だとすると、家の中に、一人になる場所を作ってみてはどうでしょうか。「パーソナルスペース」で一人になれる場所。リビングなど、「パブリックスペース」では出来なかった「自分だけのほっとする場所作り!!」11022_Alphabet sofa
「パーソナルスペース」は大人も欲しい空間です。子どもは知らないから言わないだけ。
バランスよく「パブリックスペース」と「パーソナルスペース」と使い分けて、行き来が出来れば、親も子どもも快適に過ごせるのではないでしょうか。

「パーソナルスペース」を持つメリットは
1・集中できる。
2・程よい息抜きができる。
3・家庭円満
などがあります。勉強も趣味も深く学べる場所となるでしょう。

「パーソナルスペース」で注意すること。
1・籠りっきりにならないようにする。
2・家族のコミュニケーションを大切にする。
一人暮らしではなく、家族あっての「パーソナルスペース」です。

「パーソナルスペース」を作るには。
1・勉強机を用意する。
勉強机を置くだけで、自分のスペースが生まれます。IMG_7526
2・子ども部屋を居心地の良い空間にする。
家の中の物置スペースになっていませんか?子どもが大きくなってからとは言わないで、断捨離しながら、家族に強制されない場所、趣味にどっぷり浸かる場所、自由学習する場所、逃げ場所として、スペースを有効活用しませんか?
IMG_4777

大人も子供も家で過ごすことが楽しくなりそう!!そんな場所にしたいですね。

勉強机トップページはこちら

RECOMMENDおすすめの記事