TOP > スタッフブログ > 家具・インテリアプラン > ダイニング > 新商品「geppo」シリーズをご紹介!!

新商品「geppo」シリーズをご紹介!!

「使い捨てのライフスタイルから、自分の気に入ったものを使い続けていくライフスタイルへ」
今回ご紹介する新商品「geppo(ゲッポ)」は、本当に長く、飽きずに、まるで家族のように在りつづける家具作りを目指す高山のメーカー「日進木工」の商品です。

 IMG_8893-1.jpg

この「geppo」を作るにあたり、ワイズカーサも含めて数社のショップの考えや意見を集約し、デザイン・製作に至ったのだそうです。

では「geppo」をご紹介していきます。
後ろ姿もとても美しいです!お部屋の真ん中にソファを置くことも多い現在の間取りにもピッタリです。

IMG_8941-1.jpg

木部の繋ぎ目は「フィンガージョイント」。部材同士の接着部分が多い、とても頑丈な接ぎ方です。

IMG_8905-1.jpg

IMG_8968-1.jpg

アーム部。きれいにアールをとっています。大雑把なところは機械で削っていきますが、最後の仕上げは職人の手作業で仕上げていきます。

IMG_8995-1.jpg

座面と背クッション。座面には高密度ウレタン、背クッションはフェザーたっぷりで気持ちよく背中を支えてくれます。

IMG_9079-1.jpg

フレーム本体。クッション下のテンション材には、よりしなる「ブナ材」を使用。座面で分散しきれなかった荷重をこのブナ材がさらに分散してくれ、より上質な座りを実現しました。

IMG_9025-1.jpg

生地はもちろんカバーリング。長年お使いいただくとどうしても傷みがくる生地ですが、中身がしっかりしているので、カバーだけ変えて頂ければまた長く使っていただけます。
季節によって色目を変えても良いですよね。

IMG_9109-1.jpg

次に「geppo」のダイニングテーブル&チェアです。

IMG_9119-1.jpg 
素材はナラ無垢材で少し着色してあります。
ワイズカーサに展示で置いてあるのがこの変形テーブル。サイズ・脚の形状も選べますし、長方形もございます。

天板はテーパーがかけてあるので天板厚があってもスッキリ見えます。
細かいアール部の仕上げはもちろん職人が仕上げます。

IMG_9193-1.jpg

オプションで天板に配線孔も付けれます。素材はウォールナット材。

IMG_9168-1.jpg 
*サイズや形によりお値段は異なります

「geppo」チェア。
笠木がそのままチョイ肘になっているデザインです。「曲げ木」を得意とする日進木工。もたれると背中にピタッとフィットします。

IMG_9218-1.jpg

IMG_9251-1.jpg

正面、斜め、後ろ。どの角度から見ても美しいですね。

 IMG_9227-1.jpg IMG_9215-1.jpg  

 

「geppo」チェアは座面の奥行きが調整できます。体格に合わせて自分に合わせたポジションがとれます。

IMG_9224-1.jpg

座裏。補強の「隅木」も同じナラ無垢材です。お値打ちなチェアなどはこの隅木が入っていても使っている素材が安価な木材だったり、ということもしばしば。

見えないところまで徹底的にこだわって作ります。

IMG_9258-1.jpg

日進月歩(にっしん げっぽ):時と共に絶えることなく進歩し、発展していくこと。
日進木工の社名の由来と、その想いにふさわしい「geppo」シリーズ。 
使う人のことを考えて、一切妥協せず、細かいところまで仕上げる日進木工のモノ作り。

ワイズカーサではこの「geppo」シリーズを始め、日進木工の家具を本当にオススメしています!

*今回、日進木工さんのご好意で、日進木工×ワイズカーサのWネームフライヤーを作って頂きました。ありがとうございました!

geppo.jpg 

RECOMMENDおすすめの記事

来店予約フォーム