TOP > スタッフブログ > スタッフレポート > ルイス・ポールセン勉強会!世界の”あかり”の素晴らしさを体感!そしていよいよ新作がお目見えです!

ルイス・ポールセン勉強会!世界の”あかり”の素晴らしさを体感!そしていよいよ新作がお目見えです!

先日、ルイス・ポールセン ジャパン(louis Poulsen Japan)の中村さんがお越しくださり、勉強会を開いてくださいました。

00.JPG
100年以上の歴史を誇る、北欧を代表するブランドであり、近代照明の礎を築いたルイス・ポールセン社。
その日本正規販売店でありショールームを構えるルイス・ポールセン ジャパンがあるのは東京六本木。今回は、店舗スタッフへの勉強会のため、はるばる新幹線で来てくださいました!

ルイスポールセン社は1874年にデンマークで設立され、当時気鋭の建築家として知られていたポール・ヘニングセンとの共同関係を築き、良質な光を放つ照明器具の開発を開始しました。
現在に至るまで、数々のデザイナーとのコラボレーションにより名作と言われる照明器具を生み出している、言わずと知れた世界のトップブランドです。

LP02.jpgLP03.jpgのサムネール画像 LP04.jpg
左から PH5・AJ TABLE・エニグマ   

そのブランド名やPHシリーズ、AJ Floor、エニグマ等の製品名は有名ですが、
・どうしてそのデザインに至ったのか
・どんな背景や環境で生み出されたのか
・何が名作と言われる所以なのか
・どんな想いや熱意がこめられているのか
そんな深くて面白い話をたくさん聞くことができました。

IMG_0609.JPGIMG_0616.JPG

ユニークで斬新かつ飽きのこないそれらのデザインは計算しつくされた光の反射や拡散の方向、人の表情が一番キレイに見える光の優しさまですべてが一体になって生まれたのです。

さすが、ルイス・ポールセンの照明は最高峰!
感性の豊かさ、緻密な計算、上質さの追求、すべてにおいてやっぱり違う!と感じました。いや~、奥深い。

IMG_0622.JPG IMG_0619.JPG

 デンマークという国の風土や文化が生んだ、家の”あかり”。
目にやさしく、心にやさしく、癒しと上質感をもたらしてくれるもの。
それはまるでインテリアを、住空間をより快適ですばらしいものにしてくれる 魔法 のよう。

まさに今の日本の住宅に足りないのは、”あかり”ではないでしょうか?

ただ漠然と明るいだけの部屋から、趣があって奥行きを感じられる快適な空間へ。やわらかな光で心癒される家へ。
照明の大切さ、可能性を再認識させてくれる貴重な貴重な勉強会、中村さん、本当にありがとうございました!!!

スタッフ一同、これからもお客様の快適な住空間創造のため、さらに勉強を積んで光の魔術師をめざしてまいります。
部屋がより広く見える効果的な照明の配置や、ペンダントの最適な高さ、フロアランプの有効な使い方などなど・・・ぜひお店でご相談くださいね。
図面やお部屋・お持ちの家具のお写真をお持ちいただければ、さらに具体的&立体的なご提案をさせていただきます。

そして!いよいよ!新作が店にやってきます。
ルイーズ・キャンベルのデザイン!その名も、『LC シャッターズ』

LP05.jpgLP06.jpg
かわいらしくもあり、優雅でもあるデザイン。
真っ白な塗装のホワイトバージョンと、型の部分にさまざまな色を配したカラーバージョンがあります。
どんなデザイナーのものであっても、製品化するにあたって完璧な計算と度重なる試作で最高のクオリティーに仕上げるのがルイス・ポールセン。
もちろん最上の光を提供してくれるのは間違いありません。 

 

こちら間もなく店頭に並ぶ予定!
スタッフも 現物が放つ”オーラ”と”光” が届くのを楽しみにしているところです。
ぜひぜひお店でその新しい光を見て、感じてください。
お待ちしております!

ルイス・ポールセン ジャパン詳細についてはコチラ → louis poulsen

RECOMMENDおすすめの記事

来店予約フォーム