TOP > スタッフブログ > スタッフレポート > フリッツ・ハンセン社の新作発表会 in東京

フリッツ・ハンセン社の新作発表会 in東京

みなさんこんにちは。
ずいぶんと暑くなってきた今日このごろ。
そんな、ここ一番の暑さの日、デンマークのブランドフリッツ・ハンセン社が東京で新作発表会を行うという事で、私たちヤマトヤ・ワイズカーサSTAFFも東京へ出陣してきました。
今回の新作は、
セシリエ・マンツが新しくデザインした、minuscule(ミナスキュール)です。

DSC06485.JPGのサムネール画像 

DSC06436.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 

DSC06506.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

ミーティングで使えるフォーマルなラウンジチェアを作りたいと思いデザインしたというこの椅子は、実際に座ってみるとカジュアルでありながら、しっかりとした座り心地が味わえます。
セシリエ・マンツの理想は、一生を通して所有することができる、そして子どもへと受け継がれるものを生み出すこと。
まさに理想的な形と座り心地を実現しています。
んー、オーラ がありますねぇ。美しいです。
秋頃にお目見え予定ですので、乞うご期待!!
入荷してきましたら、改めてご紹介いたします。

今回の新作発表会は、まもなくオープンする東京青山のフリッツ・ハンセンストアで行われました。

DSC06353.JPGのサムネール画像

ヤマトヤ・ワイズカーサにはフリッツ・ハンセン社の家具が多数展示してありますが、まだまだたくさんの椅子やソファがあります。

 

ずっと座っていても心地よいオックスフォード。

DSC06341.JPG

 

めずらしいストライプ柄のスワンチェア。

DSC06343.JPG

実はポール・スミスとアルネ・ヤコブセンのコラボレート作品です。

 

グランプリチェアのフルパディング仕様!!

DSC06327.JPGのサムネール画像

たくさんの名作とふれあい、私たちも大興奮して帰って来ました。
そして、帰り際に頂いたおみやげ。

R0173316.JPG R0173331.JPG
何これ、かわいすぎて食べられない・・・。
と言いながら、おいしくいただきました。(速攻なくなりました(笑))

今後も、世界中の人を魅了するフリッツ・ハンセン社のすばらしさを多くの人に伝えていきたいと思います。
AJスタッキングチェアを実際に目で見て触れて座ってみたい方、
まずはヤマトヤ・ワイズカーサへご来店ください。
スタッフ一同、偉大なアルネ・ヤコブセンがデザインしたスタッキングチェアの全てを情熱的に語り伝えたいと思いますので、ご来店いただきましたら、近くのスタッフまでお声かけくださいね。
みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

RECOMMENDおすすめの記事

来店予約フォーム