TOP > スタッフブログ > 家具・インテリアプラン > ベッドルーム > 【ベッド選びの基本ルール③】 快眠寝具編

【ベッド選びの基本ルール③】 快眠寝具編

 

baby02.jpg

「ベッドさえ良いものを選べば、気持ちよく寝られる。」なんて思っていませんか?
実は、寝具で「睡眠の質」が変わるんです。寝具とは寝るために必要なすべてのアイテムです。枕、掛け布団、ベッドパット、カバー類、パジャマなど。例えば「枕」。マットレスの硬さによって枕の沈み込みが変わるため枕の高さも変わります。マットレスと一緒に枕を選ぶのは必須です。寝具の組み合わせによって「睡眠の質」が変わります。枕と同様に他の寝具もベッドと一緒に考えると、より1ランク質の高い睡眠を味わうことができるのです!!

lady01.jpg

寝具の重要な役割として、温度・湿度の調整


人がぐっすり快眠できる理想の環境は、湿度50%、温度33℃前後。
湿度が高すぎれば蒸れて寝苦しさを感じ、低すぎればお肌の乾燥につながります。
温度が高すぎれば熱を発散させる為に無駄な寝返りが多くなり、低すぎれば縮こまって筋肉を使い、朝に疲労を残してしまいます。

理想的な環境を作り出す「寝具」選びの重要キーワードは3つ。

「からっと」「ふわっと」「気持ち良い」。

「からっと」は、通気性に優れ、環境に合わせて調湿(吸湿・発散)できる自然素材で作られた寝具。
また、「ふわっと」「気持ち良い」は、良質な素材で「軽くて快適」 を実現できる寝具。
「からっと」「ふわっと」「気持ち良い」寝具は、朝まで快適に眠るために必要不可欠な存在です。この3つのキーワードを頭に置いて、快眠できる寝具を選びましょう。

ベッド専門店ワイズカーサの店内

快眠には見た目も大事!

睡眠導入時、自分が気に入ったベッドルームであれば、心穏やかに寝る事が出来るでしょう。見た目も触感も気持ちよいベッドルームを目指しませんか?「ゆっくりぐっすり眠りたい!」と望むのならば、空間からトータルで考える事をおすすめします。
お客様それぞれに合わせて、1番ベストな寝具を、私たちがご提案いたします。

RECOMMENDおすすめの記事

来店予約フォーム