TOP > スタッフブログ > 家具・インテリアプラン > リビング > 最高級の座り心地!希少椅子ベアチェアのご紹介☆

最高級の座り心地!希少椅子ベアチェアのご紹介☆

突然ですが。
クマってかわいいですよね?

   nonrealbear.jpg 注)くま、ですよ。

こんにちは、ショップスタッフ小西です。今日はみなさまに、クマが両手を広げて立っているような、愛らしいフォルムの椅子をご紹介したいと思います。

その名も、PP19 The Teddy Bear Chair(通称 ベアチェア)!!

 

これ ↓

realbear.jpgあ。間違えましたっ。
これっ !!!  ↓
bear03.jpg bear.jpg

美しい!!このお椅子様、ただ見た目が素敵なだけじゃないのです。巨匠、ハンス J. ウェグナーがデザインした数百点にのぼる椅子の中でも1、2を誇る座り心地の良さ。それは、超天然素材&職人の熟練の技で作られているからにほかなりません。
内部に詰められている素材はリネンや馬の毛、真綿 等。
これらを手で詰めながら、縫製していくわけですが、この縫製作業ができる職人さんはなんと2名のみ!!しかも1脚の縫製にかける時間は約2週間・・・。

bear001 bear003 bear001

手置きの部分の木や、座面下のフレーム、背のファブリックまですべて手作業で作られていきます。
気が遠くなるような手間と時間をかけて丁寧に丁寧に作られるこのクマさん椅子。
年間を通して70~80脚しか製造ができない、という希少価値の非常に高い椅子でもあります。

ところで!実際に座ってみると・・・。

bear_hukui.jpg

思い思いの格好で、自由にくつろぐことができる万能チェアだということがわかります。どんな体勢でも、なぜか落ち着いてしまうのです。
デザイナー本人も、非常にこの椅子を愛していました。ウェグナーが最晩年、自ら入居する老人ホームに連れて行った唯一の椅子がこのベアチェアであったと言われています。

さて、この貴重なベアチェア、普段はワイズカーサには展示がございません。
なんと今回、メーカーさんの特別なご協力を頂戴しまして、 期間限定で展示販売 をさせていただいております。
展示販売品:爪チーク&脚オーク ソープ仕上げ、ファブリック張り

それが↓の企画です。
マイチェアをもつということ~北欧の椅子のある生活展~

hokuounoisu.jpg

日本中探しても、こんな機会はめったにありません。ぜひお店でその至高の座り心地を体感してください。
特別展示期間は、8月26日(日)まで!
さぁ、ワイズカーサに急いでお越し下さいっ!!!

*イベントは終了致しました

RECOMMENDおすすめの記事

来店予約フォーム