TOP > スタッフブログ > 家具・インテリアプラン > ダイニング > 毎月14日は椅子の日です。

毎月14日は椅子の日です。

みなさんこんにちは。SHOPスタッフの浅井です。
今日は5月14日です。そぅ、毎月14日は椅子の日です!みなさん、自分のお気に入りの椅子はお持ちですか?家具はおうちで使うものだから、誰に見られるでもないし、なんでもいいや。なんて思っている方。

それ、間違いです!

仕事や家事で疲れた体を癒してくれる場所は、やっぱり自分の住んでいる家。想像してみてください。本当に心地いい時間は、自宅でのんびりまったりする時間ではないでしょうか。そこに、よりリラックスできて、日々の疲れを癒してくれるお気に入りのスペースがあるといいものです。そんなお気に入りのスペースは、お気に入りの一脚から。

まずは、自然とずっと座っていたくなるような、そんな椅子選びからはじめてみましょう。

椅子選びの第一歩。まずは、ワイズカーサ一押しの椅子をご紹介します!

デンマーク、フリッツ・ハンセン社のNAPチェア

1991.jpg

北欧を代表する家具デザイナーとして数多くの賞に輝く、キャスパー・サルトがデザインした椅子です。

display.jpg

NAPチェアが完成するまでの3年余り、彼はとことん椅子というものに向き合い、考え抜いてきました。試行錯誤して完成したNAPチェアは、フリッツハンセンにふさわしく、新たな歴史を刻んだ椅子といえるでしょう。

 NAPとは、

Normal(背をまっすぐにして座る状態)

feature01.jpg

 

Active(前に身を乗り出して作業している状態)、

feature02.jpg

 

Passive(リラックスしている状態)

feature03.jpgという3つの異なる状態すべてで快適な座り心地を追求した椅子です。NAPチェアは人体に優しいだけでなく、空間にも溶け込みやすいオーガニックな形も特徴の1つ。シェルの内側に施されたリブ(凹凸)が快適な座り心地をつくりだしています。

1496.jpg

また、スタッキングが可能で、重ねた際に座面が傷つかないよう脚部に保護パーツがついています。

1525.jpg

なぜNAPチェアが世界中で愛されているのか、少しずつ分かってもらえたでしょうか?いろいろお伝えしましたが、まずは実際に見て触れて感じていただくのが一番です。

みなさんのご来店をお待ちしております。

*展示商品は時期・店舗によって異なります。事前にご確認ください

 

NAPチェアについて 詳しくはこちら

フリッツハンセン納入事例は こちら

RECOMMENDおすすめの記事

来店予約フォーム