TOP > スタッフブログ > 家具・インテリアプラン > ダイニング > 家族の中心にあるダイニングテーブル

家族の中心にあるダイニングテーブル

今日はこんな出来事があったよー!と美味しいごはんを食べながらの会話。今度の休日はどこに行こうか?不思議なもので食事をとりながらだと話が弾みますね。

analog4

いつの時代もテーブルは家族の暮らしの中心にあります。テーブルを囲み、家族みんなで食事をとり、ときにはテーブルの上でお絵かきをして遊んだり、宿題もここで教えてもらいながら。

analog サイズカラー展開

そんな温かな家族団らんの時間をつくるのにオススメなのがこちらの『アナログテーブル』。アナログテーブルは“人と人との距離を縮め、親交を深める”というコンセプトのもとに生まれました。正方形でもなく円形でもない、このまったく新しいカタチが特徴です。

analog5
展示サイズ 185×105 ¥210,000(本体価格) 2016.6.24現在

このカタチのおかげで座った人同士が自然と中心を向き、より一層会話が弾みます。すると、いつも家族や友人たちが集まる場所になります。まさに暮らしの中心にあるテーブルです。

yam_88analog_main

人数が増えても安心!大勢でテーブルを囲む場合も、脚が当たらないよう工夫されたデザインになっています。

P1190366

他にはないデザインながらいろいろな椅子とも相性が良くお好みのインテリアイメージにあわせたダイニングシーンがおつくりいただけます。
人の距離を縮めるために生まれた新しいカタチのテーブルはそのデザインからインテリアの調和をももたらせてくれるのでしょう。

M_analog_main

新生活ではどのように暮らしたいですか。そして、そのインテリアはどのような空間にされたいですか?家具には家族団らんの時間づくり、暮らし方をつくる力のあるものが沢山あります。また、雑誌に載っているような憧れの空間を実現しませんか?ぜひインテリアを通してこれからの暮らし方を一緒に考えてみませんか?ぜひ一度ワイズカーサへお越しください。プロスタッフがあなたに合った暮らしをご提案させていただきます。皆様のご来店を心よりお待ちしております。
ヤマトヤ・ワイズカーサ 安部

 

*展示商品は時期・店舗によって異なります。事前にご確認ください

RECOMMENDおすすめの記事

来店予約フォーム