TOP > メインアイテム > チェア > アントチェア

アントチェア

ANT

アントチェア新色イエローアントチェアのダイニングアントチェアの置かれたデスクアントチェア新色ピンクアントチェアのダイニングアントチェアの製造工程

デンマークの建築家アルネ・ヤコブセンが1951年、デンマークのNOVO製薬の食堂椅子としてデザインした椅子です。当初は140脚というオーダーでしたが製造を手掛けるフリッツ・ハンセン社から最低300脚のオーダーと言われ、残りの160脚が売れなければヤコブセン自身が買い取るということで話しがついたという逸話も残っています。
そのフォルムと細長い脚がアリを連想させるところから「The Ant(アント)」の愛称を持ち、日本ではアリンコチェアとも呼ばれています。背もたれとシートの3次元一体成形を世界で初めて実現しました。
実際に発売されたのは1952年のこと。アームが無く、しかも三本脚というフォルムは当時としては斬新で、すぐに有名になったわけではありませんでした。しかし、薄い成形合板と細いスチールフレームで作られた軽さと、何脚も積み重ねられる機能性で、公共の場で活躍。現在でもデザインアイコンとして世界中で親しまれています。

□Design:Arne Jacobsen 1952年
□BRAND:Fritz Hansen

商品スペック

素材・仕上げ(カラー)

アントチェアのカラーバリエーション


木そのもののナチュラルな模様や品質を際立たせ経年変化も楽しめるクリアラッカー仕上げのナチュラルウッド、木目が美しく映えるカラー塗装で傷の目立ちにくい仕上がりのカラードアッシュ、木目がなく凸凹もない滑らかな表面のラッカー仕上げ(2019年12月にて廃盤)の3種類/各色からお選び頂けます。

脚部のカラー・仕様

アントチェアの脚部について

3本脚もしくは4本脚のスチール脚、クローム仕上げです。
2019年秋に加わった新色=ペールピンク、ペールグレー、ペールイエローの3色については、4本脚モデルに限り、脚部まで同色の仕様もお選び頂けます。

一見不安定にも見えるアントチェアの3本脚。しかしこの3本脚に人が座って5本脚で安定する、というヤコブセン独特のコンセプトでデザインされています。実際に座ると椅子の前脚は中央にあるので、人間の足が椅子の脚に触らず、とても快適です。当時は脚を組んだり斜めに体重を傾けたりすると不安定な3本脚に対する反対の声もあったようですが、完璧主義者で頑固者のヤコブセンは一切引かなかったそうです。
ヤコブセンの死後、安定性が考慮され4本脚のタイプが1980年に発売されました。現在ではオリジナルの3本脚・より安定性が増した4本脚の両方とも生産されています。

サイズ

アントチェアサイズ

W510 D480 H780 SH440

*3本脚タイプはSH440のみ、4本脚タイプはSH440もしくはSH460から選択頂けます

価格

¥38,000~

*素材と仕上げによって価格は変動します

onlin_b


※記載の価格はすべて本体価格表記です
※展示商品は店舗によって異なります。展示の有無については事前にご確認ください

ITEMSITEMS