TOP > メインアイテム > チェア > アントチェア

アントチェア

ANT

アントチェアのダイニングアントチェアの置かれたデスクアントチェア新色ピンクアントチェアのダイニングアントチェアの製造工程

デンマークの建築家アルネ・ヤコブセンが1951年、デンマークのNOVO製薬の食堂椅子としてデザインした椅子です。当初は140脚というオーダーでしたが製造を手掛けるフリッツ・ハンセン社から最低300脚のオーダーと言われ、残りの160脚が売れなければヤコブセン自身が買い取るということで話しがついたという逸話も残っています。
そのフォルムと細長い脚がアリを連想させるところから「The Ant(アント)」の愛称を持ち、日本ではアリンコチェアとも呼ばれています。背もたれとシートの3次元一体成形を世界で初めて実現しました。
実際に発売されたのは1952年のこと。アームが無く、しかも3本脚というフォルムは当時としては斬新で、すぐに有名になったわけではありませんでした。しかし、薄い成形合板と細いスチールフレームで作られた軽さと、何脚も積み重ねられる機能性で、公共の場で活躍。現在でもデザインアイコンとして世界中で親しまれています。

□Design:Arne Jacobsen 1952年
□BRAND:Fritz Hansen

アントチェアのカラーの組み合わせダイニング
様々なカラーバリエーションをお選び頂けるアントチェア。
ブラックやホワイトのはっきりした色使いのほか、ニュアンスのある美しいカラーが多数揃います。脚部の色もお選び頂けるので、組み合わせによってやわらかで優しい表情、明るくポップなイメージ、モダンでかっこいい雰囲気など様々なシーンに合わせて頂けます。
背・座一体のシェルカラーには木目の見える「カラードアッシュ」と、木目が表面に出ない「ラッカー塗装」があります。

アントチェアをはじめヤコブセンのチェアの木目シリーズ
オーク材やウォールナット材などのオーソドックスな「ナチュラルウッド」は天然木の木目の個性や美しさが醍醐味。木そのもののナチュラルな模様や品質を際立たせるクリアラッカー仕上げです。 ナチュラルウッドは椅子の有機的なフォルムや輪郭も強調します。経年変化が美しく、古ぼけた印象を与えないことも特徴です。一脚一脚の表情の違いをお楽しみください。

3本脚タイプと4本脚タイプのアントチェアアントチェアには3本脚タイプと4本脚タイプがあります。3本脚はデザイン当初のオリジナルモデル。人の足が2本加わって5本で安定させるというコンセプトです。椅子の脚が3本だとテーブル下のスペースがすっきりと有効に使えるため、コンパクトなテーブルでも人が集いやすく、また足の自由度も高いのでストレスなく様々な座り方をして頂けます。一方で4本脚タイプは安定感があり、高齢の方や足がつかないお子様でも安心してお使い頂けます。

ヤコブセンがこだわった3本脚のアントチェア
デザインしたヤコブセンは、あくまで3本脚のフォルムにこだわり、デザインとしての完成形として4本脚タイプの製造は許さなかったといいます。
4本脚のアントチェアは、ヤコブセンの死後に製品化されたものです。

3本脚タイプは8脚まで、4本脚タイプは12脚まで、それぞれスタッキング(重ね置き)が可能です。


アントチェアをはじめとしたヤコブセンデザインの家具は、曲線の美しさがポイント。直線的な家具とのバランスで空間にリズム感を生みだします。空間全体のバランスを整えることが大切。プロスタッフによるインテリアプランニングサービスをご活用ください▼
ワイズカーサのプロスタッフによる無料インテリア相談会のご予約

ITEMSITEMS