TOP > メインアイテム > チェア > グランプリチェア

グランプリチェア

GRAND PRIX

黒のグランプリチェアのあるダイニング木脚のグランプリチェアのダイニング革張りや布張りのグランプリチェアオーク材の木脚グランプリチェア黒のグランプリチェア

アルネ・ヤコブセンがデザインしたチェア、と聞かれると、真っ先に思い浮かぶのが「セブンチェア」「アントチェア」という方も多いはず。この「グランプリチェア」も「セブンチェア」「アントチェア」とほとんど同時期にデザインされています。1957年、コペンハーゲンのデンマーク工芸博物館の春の展示会で初公開されました。また、同年のミラノ・トリエンナーレに出品され、グランプリを獲得したことから「GRAND PRIX CHAIR(グランプリチェア)」と呼ばれるようになりました。一時は生産を中止していましたが、2008年、フリッツ・ハンセン社により伝説的な椅子「グランプリチェア」が復刻しました。

□Design:Arne Jacobsen 1957年
□BRAND:Fritz Hansen

クラシカルで絵になる、窓際のコーナーに一脚置いたグランプリチェア。
グランプリチェアは、同じくヤコブセンがデザインしたセブンチェアやアントチェアと同じく、背中のしなりが心地良い椅子です。
特にグランプリは背もたれの面積が広いので男性の方からも安心感があると好評です。

ウッドレッグのグランプリチェアで設えた上質なダイニングオリジナルのウッドレッグ(木脚)タイプはクラシカルで上品な印象。さらに布や革をパディング(張込)することで、より座り心地も良くなります。

鮮やかなイエローのカラーリングがポップなグランプリチェアとAテーブルのダイニングシーン鮮やかなイエローのカラーがポップなスチール脚タイプのグランプリチェア。軽快で楽しいイメージで、明るく笑顔の絶えない家族団らんを演出してくれそうです。

グランプリチェアのカラーとバリエーション
他にもシェル(背・座)と脚部の組み合わせで、シックな表情にも、柔らかな印象にも。豊富なカラーバリエーションは様々な空間の演出を可能にします。
1923年から続く歴史ある美術展覧会「ミラノ・トリエンナーレ」でグランプリを獲得したということは、デザインとして美術的に優れていると世界的に認められているということ。そのアイコニックなシルエットで、ダイニングはもちろんですが、書斎やエントランスに一脚置いても絵になる美しい椅子です。


バリエーションが多いからこそ、自邸に似合うグランプリチェアを選ぶのは大変!
部屋全体とのカラーや素材のバランス、テーブルとの組み合わせなどプロスタッフがご提案致します▼
ワイズカーサのプロスタッフによる無料インテリア相談会のご予約

ITEMSITEMS

来店予約フォーム