TOP > メインアイテム > チェア > ドロップチェア

ドロップチェア

DROP

ドロップチェアのレザーパディング

デンマークの巨匠アルネ・ヤコブセンが建築し、家具や照明、カーペットやドアノブ、カトラリーに至るまですべてのデザインを手がけたという「SASロイヤルホテル(現在のラディンソンブルホテル)」。ドロップチェアはそのホテルのために1958 年にデザインされた椅子です。世界的に知られている名作ラウンジチェアのスワンチェアやエッグチェアと共にデザインされましたが、ドロップチェアの製造数は同ホテルのためだけの限られたものだったため、ヴィンテージ市場では幻の銘品として高値で取引されてきたことでも有名です。
そんなドロップチェアが2014年、ついに半世紀の時を経て待ちに待った復刻を果たし、布張りや革張りのほか、嬉しいことに当時は技術的に製造できなかったプラスチックタイプもお求め頂けるようになりました。

特徴的な背もたれをもち、どこか愛らしく個性的なそのデザインは、空間に置いてあるだけで絵になる1脚。
半世紀以上前にデザインされたとは思えない程、斬新で美しく、包みこまれるような座り心地が快適さを生み出します。

□Design:Arne Jacobsen 1958年
□BRAND:Fritz Hansen

現存するSASロイヤルホテルの606号室に並ぶドロップチェア現在もなお世界中からデザインを愛する人々が訪れるSASロイヤルホテルの606号室。
ドロップチェアは気品のあるブルーグレーの張地に包まれ、デスク前に並べられています。

ドロップチェアのカラフルなプラスチックバージョンカラフルなプラスチックタイプ。脚部は本体と同色にすればかわいらしいイメージに。クローム仕上げをお選び頂くとモダンなイメージでお使い頂けます。

本体も脚もホワイトのドロップチェアをオーク材のダイニングテーブルに合わせたシーンコロンとしたシルエットが360°どこから見てもかわいらしいドロップチェアですが、長めの脚との絶妙なバランスで、決してボテッとした印象を抱かせることはありません。

座った時に臀部が落ち込むデザインのため、小柄な方の場合は足が床につかず太もも下側の座面に触れる部分が圧迫されて気になることがございます。その際にはドロップチェア専用クッションを使うと座り心地が格段に良くなり(まるで別の椅子のようで感動します!!)、足が床にぴったりとつかなくても快適に過ごして頂けます。
さらに布張り・革張りのパディング仕様にすれば、クッション性が向上するとともに上品な空間を作り出すことができます。


ドロップチェアは主役にもなり、また空間のアクセントにもなる椅子。
部屋にどう配置するのか、空間をどんなイメージで仕上げるのか、お客様のご希望を伺いながらより美しい空間をご提案します
ワイズカーサのプロスタッフによる無料インテリア相談会のご予約

ITEMSITEMS

来店予約フォーム