スワンチェア

SWAN

ピンクのスワンチェアが美しく佇むリビング

1960年。デンマーク・コペンハーゲンに当時では初めてとなる高層シティホテル「SASロイヤルホテル」が竣工しました。
設計・デザインを手がけたのがアルネ・ヤコブセンです。ホテルの設計だけではなく、家具、照明、カトラリー、ドアノブに至るまで全てデザインしたというのですから驚きです。そこで生まれたのが「エッグチェア」と「スワンチェア」。ホテルのラウンジ用としてデザインされました。
白鳥がまさに羽を広げようとする姿から名付けられたスワンチェア。優雅で気品あるフォルムは空間にあるだけで雰囲気を一瞬にして変えてしまう。そんな美しい彫刻のようなラウンジチェアです。2人掛けサイズのスワンソファもございます。

□Design:Arne Jacobsen 1958年
□BRAND:Fritz Hansen

カラフルなスワンチェアがたくさん並ぶ
まさに「白鳥の群れ」のような、愛らしいカラフルなスワンチェア。完璧なフォルムにはシックな色でもポップなビタミンカラーでも、場の空気をより美しく昇華させる力があります。個性や創造性を発揮して、自分だけの色選びを。

SASロイヤルホテルの606号室に並ぶエッグチェアをはじめとしたヤコブセンの名作いまなお世界中からデザインを愛する人々が集うSASロイヤルホテルの606号室。
エッグチェア、スワンチェア、ドロップチェア、3300ソファなど、ヤコブセンの名作が揃います。ヤコブセンは、(当時にしては)近未来的なガラス張りで直線的なデザインのホテルに対し、その内部に配するアイコニックな家具は曲線を多用したオーガニックなシルエットを追求することで、寛ぎや居心地の良さを演出しました。

スワンチェアを縫製する職人
多数の生地・色のファブリック、もしくは革を張ることができるスワンチェア。革張りに関しては熟練の職人しかその縫製を行うことができません。ヤコブセンの完璧なデザインは、生地・革の特性の確かな見極めと手仕事による絶妙な力加減でこそ、具現化することができるのです。

ブルーのスワンソファとスワンチェアが並ぶリビング
スワンソファとスワンチェアでリビングを彩りましょう。コンパクトながら存在感のある美しい空間ができあがります。

オフィスの待合エントランスにレイアウトされたスワンチェアとスワンソファ
スワンチェア/ソファはしっかり固めでフィット感のある座り心地。厚めウレタンのふわふわクッションタイプではありません。
だからこそ読書や映画鑑賞など長時間落ち着いて過ごしても疲れにくく、耐久性も高いためコントラクトユース(オフィスや店舗などでの使用)にも向いています。


スワンチェアはアイコニックなデザインで部屋の印象を左右します。相性の良いソファやテレビボードなど、リビングのバランスを考慮して空間のコーディネートを。迷ったらスタッフにご相談ください▼
ワイズカーサのプロスタッフによる無料インテリア相談会のご予約

ITEMSITEMS

来店予約フォーム