PK22

PK22

PK22のあるリビングPK22のあるリビングPK22のあるリビングPK22のあるリビングPK22のある寝室

その北欧家具デザイナーの中でも「鬼才」と呼ばれていたポール・ケアホルム。 彼の作品は、フリッツ・ハンセンの中でも他の家具と区別され「PKシリーズ」として取り扱われています。家具の素材としては当時まだ一般的ではなかったスチールも、 木などと同様、芸術的な繊細さをもつ天然素材であるとケアホルムは考えました。
その中の代表作、PK22。かのミース・ファン・デル・ローエに影響を受け、名作バルセロナチェアを超えるべくデザインされました。派手さはなく、無駄な装飾を無くした極限のシンプルさ。だからこそ素材や作りの良さが引き立つイージーチェアです。

011_s

ミニマリズムをとことん追求した、そのシンプルで凛とした出で立ち。その潔いデザインから、ワイズカーサではモダンな空間にはもちろん、上質な「和」の空間を創り出すイージーチェアとしてもご提案しています。和の空間というのは、「引き算のデザイン」で設えられるものだと考えます。装飾を施すのではなく、余分なものを削ぎ落としていく作業。それにより素材の良さをより引き出し、ディテールにもこだわった空間になります。私たちがPK22を始めケアホルムの家具を和の空間にご提案する理由の一つがここにあります。
また座面髙が低いのも私たち日本人にとって座り心地が良く、身体にもしなやかにフィットします。

□Design:Poul Kjærholm 1956年
□BRAND:Fritz Hansen

無彩色のコーディネートに映えるPK22
繊細で華奢なラインが空間を美しく切り取るPK22。シンプルでディテールが徹底的に美しいものこそ、具現化するのは難しいもの。何十年も使って革がクタっと馴染み、ステンレススチールの脚部の完成された線との硬/柔のコントラストを生む、そんな味わい深い育ち方をします。

上質なリゾート空間を演出する籐張りのPK22
PK22は革張りのほか、キャンバス地、または籐張りの3素材からお選び頂けます。
それぞれ表情が違うので空間に合わせてお選びください。

エッグチェアとりっそーにソファのあるリビングにPK22をコーディネート
リビングでは圧迫感なく、それでいて確かな存在感を放つ逸品です。
座ると座面の傾斜により自然に身体が後ろに傾斜し、背もたれにゆったりと落ち着きます。品良く優雅なひとときを過ごして頂ける椅子なので、家族や仲間とゆっくりと語らうとき、秋の夜長に暖炉の炎を眺めるとき、お気に入りの音楽をお酒とともに楽しむとき、さわやかな朝にじっくりと時間をかけてコーヒーを煎れるとき等、ぜひPK22で大人の贅沢な時間を堪能していただけたらと思います。


上質で洗練された大人のリビングを叶えるなら。インテリアプランニングサービスをご活用ください▼
ワイズカーサのプロスタッフによる無料インテリア相談会のご予約

ITEMSITEMS

来店予約フォーム