TOP > メインアイテム > ラウンジチェア > コロニアルチェア(OW149)

コロニアルチェア(OW149)

Colonial Chair(OW149)

Colonial_Chair

ほかのカール・ハンセン&サンの家具と同じく、職人が1脚ずつ丁寧に仕上げているコロニアルチェア。もちろん座面の籐張りに至るまで、職人の手で大事に加工されています。軽快で優美なフォルムを追求した、デンマーク屈指の家具デザイナーであり、デンマーク王立芸術アカデミー家具科の教授でもあったオーレ・ヴァンシャーの1949年の作品です。

コロニアルチェアの最大の魅力は、トラディッショナルでクラシカルな佇まい。
1700年代のイギリスのチェアからインスピレーションを得てデザインされたと言われていて、伝統的な美意識が宿っているようです。
それでいて色気があるというか、とてもエレガンス。

コロニアルチェアことOW149

細く優雅なフレームですが、考え抜かれた構造により、優れた強度を保ちます。また脚部についても、後ろ脚を若干カーブさせることによって椅子に安定性を与えるとともに、優雅な傾斜のあるシルエットを生み出しています。

コロニアルチェアことOW149の籐編みの座面

芸術品のように美しい職人による籐張り加工の座面。そしてその上に置かれたやわらかなフェザークッション。
温もりや包容力を感じさせてくれる、その見た目通り、座ると包まれるような安心感もあってとっても心地良い椅子です。
アームにそっと手を乗せれば木の温もりが伝わり、身体を預ければ穏やかな時間が流れます。
見て、触れて、腰掛けて、五感で寛ぎを体感できる一脚です。

□Design:Ole Wanscher 1949年
□BRAND:Carl Hansen & Son


ワイズカーサでは、たとえば父の日のギフトとしてもおすすめしています。
1つのソファを家族で取り合う日々から、お父さん専用の上質な椅子のある暮らしへ。
自分の時間が持てる場所、新聞や本を読むお決まりのお父さん椅子。お父さんとしては、最高にうれしいプレゼントではないでしょうか。

OW-149F
同仕様のスツール(OW149F)がセットなら、さらに寛ぎの幅が広がります。
フレームは、大切にメンテナンスしながら使えば一生モノです。長く使ってへたってきたら、クッションだけを買い替えることもできるので経済的。ずっと安心して使い続けることができます。

コロニアルチェアことOW149のバリエーション後ろ姿もとても優美。フレームの素材×クッション(革/布)の組合せによって、雰囲気がかなり変わりますので、お好みや部屋のイメージと合わせてご提案させていただきます。


リビングにはもちろん、窓際のコージーコーナーや寝室、さらには書斎にも似合う名作です。
居心地の良いパーソナルスペースの作り方について、プロスタッフによるプランニングサービスをぜひご活用ください▼
ワイズカーサのプロスタッフによる無料インテリア相談会のご予約

ITEMSITEMS

来店予約フォーム