TOP > メインアイテム > 照明 > PHスノーボール

PHスノーボール

PH Snowball

ルイスポールセンのPHスノーボールペンダントライト

8枚のシェードが華やかかつ上品な印象を与えるPHスノーボール。
ルイス・ポールセンとPHシリーズの生みの親ポール・へニングセンが協働をスタートした1924年。その当時デザインされた8枚シェードのランプをリ・デザインして1958年に発表されたのがスノーボールです。発表当初は注目を浴びることなく、1983年に製品化、販売が開始されました。

 

□Design:Poul Henningsen 1958年
□BRAND:Louis Poulsen

ルイスポールセンのPHスノーボールペンダントライトのある海外のダイニング

それ自体が美しいPHスノーボールはシンプルな白一色ですが、確かな存在感を放ち、点灯しているときはもちろん、消灯時も空間を上質に彩ります。

ルイスポールセンのPHスノーボールペンダントライトの展示風景

シェードの表面は光沢、裏面はマットに塗り分けられ、これによって美しい光の効果を生み出しています。
光源から出た光は、すべてのシェードに同じ角度で当たるよう計算されており、その反射光によって明るさを届けます。
眩しさを感じることのないグレアフリーな優しい光が、人の肌を美しく見せ、食事を美味しく輝かせ、部屋に品格をもたらします。

ルイスポールセンのPHスノーボールペンダントライトを下から

下から見たスノーボールです。
ボトムシェードの内側にパンチングメタルをはめこむことによって、光源(電球)からの光が直接目に入らないように配慮されているとともに、直下の照度を確保しています。機能的であると同時に優しさを感じられるパーツですね。

ルイスポールセンのPHスノーボールペンダントライトをリビングに

ポール・へニングセンが生涯をかけて追及し続けた、やわらかくあたたかな光と美しい陰影。
ルイス・ポールセンの照明はただ周囲を明るくするだけのいわゆる”電化製品”ではなく、暮らしを、さらには人生を心豊かにする重要なピースであることを、スノーボールは体現しています。


ペンダント1つで部屋の印象は大きく変わります。美しい光で美しい暮らしを。
理想のイメージに合わせて家具と一緒に適切な照明をご提案させて頂きます▼
ワイズカーサのプロスタッフによる無料インテリア相談会のご予約

ITEMSITEMS

来店予約フォーム