COLUMN 04.記念日には椅子を


カールハンセンのCH22のあるリビング

誕生日、結婚記念日、敬老の日、クリスマス。

人生には節目となる日や、記念日が盛りだくさんだ。


そんなとき大切な人に贈るプレゼントに頭を悩ませることもあるだろう。


そこで、ワイズカーサからの提案。

記念日に椅子を贈ろう!


たとえば。

子どもの誕生とともに無垢材の椅子を一脚我が子へ。ともに成長していく相棒として。

結婚の記念に、指輪ではなく最上の椅子を贈りあうという大人の選択。

毎日の疲れを癒し、自分だけの専用スペースとなるイージーチェアを、父の日に感謝をこめて。


良い素材で丁寧に作られた椅子というのは、人生をともに過ごすパートナーになるものだ。どんな椅子でどんな時間を過ごすかが、その人のアイデンティティとなる。


椅子はなくても生きては行けるが、あったらとても素敵なもの。そして自分では思いきって買うことができなくても、もらったら最高に嬉しいし、一生の宝物になるだろう。


ぜひとも、大切な人のことを想い、「その人らしい椅子」を見つけてあげてほしい。

関連記事

すべて表示