ホテルライクな寝室を実現するベッド

ホテルといえば、使う人の年代・好みに偏りがなく、落ち着いていてゆっくりリラックスできるインテリアです。ベッドや寝具、照明、カーペット、カーテン、調度品など一つ一つのパーツの調和がホテルライクな寝室を実現させます。

そしてこだわりのベッドは気持ちよく、ぐっすり眠れる寝室=ホテルライクな寝室といえるのではないでしょうか。

調和にはシンプルなデザインが欠かせません。だからこそ、ベッドフレームにはラグジュアリーな素材感があり、美しいデザインを求めます。

『MASTER PIECE(マスターピース)』ベッドフレーム

どこから見てもシンプルで美しいベッドフレームです。シンプルだからこそ、お部屋に合わせて素材やオーダーサイズを選ぶことも出来ます。

『RUF』ベッドフレーム

ファブリックフレームはラグジュアリーでモダンホテルのイメージで。低く、広く、シンプルなゆったりとしたデザインは優雅な気持ちになれます。

『HIRASHIMA・QUATTROシリーズ』 ベッドフレーム

伝統的な表面加工技法を用いて描かれるヘッドボードは独創的で上質な空間へ。窓から差し込む光によって表情は変化し、リゾートや旅館のしつらえにぴったりなロースタイルベッドです。


 

ワイズカーサは空間提案が得意なところ。上記以外のベッドフレームも多数展示。

尚且つ、一流ホテルの”上質で快適な眠り”を日常に感じて欲しい。というコンセプトで売り場やマットレス・寝具を揃えています。

自宅の寝室を、ワンランク上のホテルライクな寝室にしませんか?



関連記事

すべて表示