top of page

ザ・チェア PP501/PP503が同時に!


数々の名作椅子を世に出したHans J. Wegnerの作品の中でもダイニングチェアとして圧倒的な存在感を放つザ・チェアには座面が籐張りのPP501、革張りのPP503があり、今回の展示ではどちらもご覧いただけます。

PPモブラー社のザ・チェアが並ぶ

当初ウェグナーはこの椅子をラウンドチェアと呼んでいましたが1960年アメリカ大統領選の際にジョン・F・ケネディとリチャード・ニクソンが腰掛け、テレビ討論会を行ったことで世界的に注目を集めました。座った自分自身が大統領として相応しく、最も美しく見える椅子として。また当時腰に悩みがあったケネディが、背中がとても楽にサポートされ、その快適な座り心地に感心し「椅子の中の椅子!」という意味から「The chair!」と呼んだのです。そしてこの歴史的な討論会を機に、ザ・チェアという愛称で呼ばれるようになりました。

ケネディ大統領がザ・チェアに座った討論会の様子

数々のアームチェアの手本となってきたザ・チェア。

今回の北欧傑作家具展では、そのPP501もPP503どちらも展示しております。

美しさと座り心地を兼ね備えたダイニングチェアの傑作です。椅子に触れた手から伝わるあたたかさと安らぎを感じていただけたらと思います。

ビーハイブのペンダントライトと合わせた、ザ・チェアの納入事例

Comments


bottom of page